スタッフ紹介

  • TOP
  • スタッフ紹介

院長 獣医師 池澤 卓美

  6d5452fa64bc173075de515bc0ad3f8f

昭和50年に当院を開業しました。その間獣医学はどんどん進化しています。

患者様に対してはそれに乗り遅れないように常に勉強を怠らず、家族の一員である大切なペットと飼い主様にとって、ベストな診療になるようにするのが私たちの義務であり、責任であると考えています。

また従業員に対しては、この病院で働く一人一人が、ここで働いていることに喜びを感じ、誇りをもてるような病院にしていくのが経営者としての義務であり責任であると、思っています。
さらに、社会に対しても、獣医療に携わる者としてできる社会奉仕をしていくのが私たちの務めであると考えています。

病院のスタッフ全員が一つになって、病気の動物を救い、飼い主様とその喜びを共有する、そんな病院作りを目指してきたつもりです。
ですが、いつも思いどおりにゆかないのが人生です。
山あり谷ありの険しい道のりで、今は少し冬の嵐の中にいるような気持ちですが、努力はきっと報われると信じて、わが道を歩き続けるつもりです。

叱咤、激励、ご批判、何でもお寄せいただいて、それを参考に進化する病院でありたいと思います。
─ 飼い主さんとペットの幸せが、私たち病院スタッフの幸せでもあると考えています。
─ 健康管理と趣味でマラソンをやっています。大会で目にとまったら、声をかけてください。

副院長 薬剤師 池澤 洋子

副院長 薬剤師 池澤 洋子

院長である主人との結婚をきっかけに、この仕事についたのでしたが、思い返せば色々な苦労があり、想像以上に大変な仕事でした。

でも逆に大切な家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんを病気から救うお手伝いができた時、飼い主さんから本当に感謝されているのを実感できた機会が数え切れずありました。
そんな時、この仕事にやりがいを感じ、やってて良かったと思います。

獣医師 三木 悠矢

獣医師 三木 悠矢

常に飼い主様の立場になり、動物たちそれぞれに最も良い医療を提供することを心がけて診療にあたっています。

そのためには、飼い主様との対話がとても大切だと考えておりますので、どんな些細なことでもご相談下ください!!

所属 ☆近畿動物医療研修センター附属動物病院 循環器科 研究生
☆日本獣医循環器学会
☆日本獣医がん学会
資格 ☆獣医 腫瘍科 Ⅱ種認定医 (2017年取得)

腫瘍診療のスペシャリストです!
腫瘍に関してなんでもご相談ください。
出身 鳥取大学卒業 平成26年卒
ひと言 循環器科とは、主に心臓や血管の病気の診察、治療を行う分野のことです。
犬猫をはじめとした動物も人と同様、生まれつきの心臓病から、年をとることで見えてくる病気まで様々あります。咳が出る、散歩に行きたがらない、呼吸が激しいなどの症状があれば心臓病の疑いがあります。
これらをできるだけ早期に発見し、適切な治療を行うことができれば、動物たちの生活をより良いものにしていくことが可能です。
治療に関しては、基本的にはお薬による内科治療から開始しますが、外科治療についても専門的な施設への紹介を含めてご相談に乗ることができます。
何か気になることがありましたら一度お話をお聞かせ下さい。

獣医師 藤原 明日香

獣医師 藤原 明日香

動物たちとより良い生活を送ることに役立てるように努力し、ご家族の皆様、動物たちから信頼され満足して頂ける診療を心掛けたいと思います。

宜しくお願いします。

出身 酪農学園大学卒業 平成28年卒

獣医師 三角 瞬

獣医師 三角 瞬

お困りのことがあればお話しお聞かせください!
信頼される診察を心がけています。

出身 宮崎大学卒業 平成27年卒

獣医師 福間 康洋

獣医師 福間 康洋

2017年2月に大阪の動物病院から移ってきました。
日々の診療では、現状とこれから起こりうることを説明しご理解頂くために、適切な検査・診断・治療を行えるよう心掛けています。
気になることがあれば、どんなことでも相談して頂ければと思います。

所属 ☆日本獣医皮膚科学会所属
☆日本獣医がん学会所属
☆獣医動物行動研究会所属
獣医教育・先端技術研究所 腹部・心臓超音波研修修了
出身 鳥取大学卒業 平成27年卒
ひと言 皮膚病とは、全身を覆う皮膚や、耳、毛などに起こる病気で最も「目に見える」病気の一つです。
皮膚病は、感染症(細菌、カビ、ノミ・ダニなど)、アレルギー(環境アレルギー、食事アレルギーなど)、犬種特有の皮膚の性質(脂漏症、乾燥肌など)、自己免疫性(白血球などが自分の皮膚を間違って攻撃してしまう病気)、ストレスによるもの(さみしがりな子などに多い)などの原因により起こります。
症状としては、皮膚の赤み、フケ、かさぶた、べたつき、痒み、しこりなどが見られます。
皮膚病の治療は、犬や猫の負担になっている症状(特に「痒み」は強いストレスの原因になります)を出来るだけ早く治してあげられるように、負担の少ない薬、シャンプー療法(当院では薬浴も実施しています)、食事指導、アレルギー検査(40種類のアレルゲンに対する検査)を組み合わせて治療を行っています。
気になる点、お困りのことがあればご相談して頂ければと思います。

AHT(動物看護士)、トリマー

AHT(動物看護士)
AHT(動物看護士)
AHT(動物看護士)
AHT(動物看護士)
トリマー
トリマー