心臓病と開心(心臓の手術)

  • TOP
  • 心臓病と開心(心臓の手術)

心臓病って?

心臓の働き

心臓の働き

出典:犬の病気サイト

心臓は、生きている限り、休むことなく拍動を続けています。 このおかげで、血液が全身に送られ、動物は生きることができます。 このため、心臓病になると全身に様々な異常が出ることがあります。

心臓病とは

心臓病と一言で言っても、様々な種類の病気が存在します。 人と同様、犬や猫にも、生まれつきの形成不全もあれば、加齢によって発症してくるものもあります。こういった疾患は、症状が分かりにくいこともあるため、飼い主さんが気をつけていても気づけないことも多くあります。

犬の心臓病

慢性心不全の症状
犬の慢性心不全の症状

犬の心臓病で最も多いものは、僧帽弁閉鎖不全症と呼ばれるもので、いわゆる弁膜症です。 犬種は様々ですが、特にキャバリア、チワワ、トイプードルなどでよく見られます。 弁膜症が起こると、本来一方通行であるはずの血液が心臓内で逆流してしまい、全身に酸素や栄養を運ぶことができなくなってしまいます。これによって元気が無くなる他、様々な症状が出ることがあります。特に多いのが、何か詰まったような咳をする、呼吸が荒い、散歩に行きたがらないなどです。これ以外にも何か体調が悪ければ、心臓病の疑いがあります。

僧帽弁閉鎖不全症

健康な心臓
健康な心臓
僧帽弁閉鎖不全症の心臓
僧帽弁閉鎖不全症の心臓

健康な心臓(左図)に比べて、僧帽弁閉鎖不全症の心臓(右図)では、僧帽弁において血液の逆流が見られます。この影響で心臓の拡大が起こっています。

治療

治療としては、内科治療と外科治療に分けられます。 内科治療は、その病気によって起こる症状を、薬によって楽にしてあげる治療です。 これによって、多くの患者さんの症状は一時的に和らぐことが多いです。 しかし、内科治療は弁膜症自体を治療しているわけではないため、薬を飲み続けていても、数や量を増やしていっても悪化していく患者さんがほとんどです。
これに対して外科治療は、弁膜症で起こっている弁の異常を直接修復していく治療です。 そのため、うまくいけば弁膜症を根治でき、内服薬を飲まなくても良い心臓にできます。 もちろん、内科治療に比べてリスクはありますが、それに見合うか、それ以上のQOLを患者さんに提供できる治療であると考えております。
当院は、この外科治療を実施することができる数少ない施設となっております。 心臓病で悩んでいる、咳などの症状がある、心臓病がないか気になるワンちゃんは、ぜひ一度ご相談ください。内科治療の方が合っているのか、外科治療に踏み切る方がいいのか、今の状況の詳しいお話をさせていただければと思います。

手術直前の風景
手術直前の風景
手術開始直後
手術開始直後
手術中
手術中

猫の心臓病

猫の心臓病で最も多いのは、心筋症と呼ばれる疾患です。 年齢は問わず、雑種猫で多く発症します。 純血種でも多く、特にメインクーンやラグドールではよく見られます。 心筋症は、心臓の筋肉自体が変性してしまう病気なので、血液を全身に送れず、血液が渋滞してしまうことで様々な症状を引き起こします。 心筋症にも種類があり、代表的なものは以下の3つです。

肥大型心筋症
肥大型心筋症
心室壁が肥大して心室が拡張しづらくなる。左心房から左心室に血液が入りづらくなり、左心房に圧がかかる。
拘束型心筋症
拘束型心筋症
心室壁が硬くなって心室が拡張しづらくなる。左心房から左心室に血液が入りづらくなり、左心房に圧がかかる。
拡張型心筋症
拡張型心筋症
心室が収縮しづらくなり、心室から全身に血液が出づらくなる。左心房から左心室に血液が入りづらくなり、左心房に圧がかかる。

症状はとても様々な上、猫は心筋症があっても軽度であれば症状を示さないこともあるため、初期の段階で自宅で気づくことはとても難しいとされています。病気が進行してきた場合に起こる症状としては、呼吸が荒い、動きたがらない、食欲がないなどです。

治療

 治療は、先ほどの犬の治療と異なり、外科治療ができません。そのため、内科治療によって、出てきている症状にまず対処し、その後も同様の症状が出ないように内服を続けていく、という治療内容になります。もちろん症状によって、薬の内容も変わってくることがありますので、しっかりと検査をして、適切な治療を実施することが大切です。